男性ニキビの原因はちょっと違う

もともとニキビの原因は過剰分泌の男性ホルモンが原因ですが、多くの男性が思春期に成長ホルモンの過剰分泌を経験しますので、それに伴いニキビの成長も活発化します。
しかし男性の場合、ニキビが出来るとそれを潰してしまう人が多い事から、ニキビ跡も潰したニキビ跡、つまりクレータータイプになる事が多いのが特徴です。

ニキビの中には皮脂とアクネ菌がどっさり詰まっており、それらをティッシュを使い抜いたところで、その穴の開いたニキビ跡に細菌が侵入すれば、そこから炎症が起き、やがてニキビ跡に変化していきます。男性ニキビ跡の多くがこのタイプであり、徹底した洗顔とニキビ跡のクレンジングが治療においては重要になってきます。

しかし男性ニキビ跡の治療で化粧水を使うという発想がそもそも男性にはありませんので、情報をしっかりと集めていくと、化粧水で治療することができる事実に驚く男性も少なくありません。

また男性は女性と比べてニキビ跡に対する治療という概念が薄く、余程ひどいニキビ跡でも無い限り治療して治そうとは思わないのです。

ただ余程ひどいニキビ跡になると、それはコンプレックスに直結する症状ですので、それはまたデリケートな問題です。このように男性ニキビ跡というのは、まったく気にしなくて行く男性タイプと、非常に深刻に受け止めざるを得ない症状で悩む男性と極端であるのが特徴です。ただいずれもしっかりと治療しないと改善する事はないことには変わりありません。

化粧水で直すことが出来るのか?

そもそも男性ニキビは化粧水くらいで改善するのでしょうか。答えは化粧水の効果を信じるか信じないかではないでしょうか。

まず化粧水には外科手術のような即効性はありません。肌のターンオーバーのサイクルを早め、身体の内側からじっくりと治療していく事になります。その栄養を与える役目がニキビ跡治療に効果のあると言われている化粧水なのです。

化粧水そのものにはニキビ跡を治す力はないのです。あくまで自身の免疫に委ねられています。男性のニキビ跡と女性のニキビ跡の大きな違いとして、男性は女性に比べ、皮脂の分泌が加齢と共に増加する事が挙げられます。

従ってニキビ跡の大敵とも言われている皮脂を如何にして取り除いていくのかが、治療に際して大きなキーとなるのです。どうしても皮脂が残っている状態で化粧水をつけたところで、化粧水が皮脂に弾かれてしまい皮膚へ浸透しません。

皮脂は脂ですから、化粧水のような水分はすべて皮膚表面を覆っている皮脂の力で弾かれてしまうのです。従って化粧水を使用する前には必ず、洗顔をして皮脂をしっかりと取り除く必要があります。また化粧水を使用する際は肌を清潔に保たなくてはなりません。

洗顔後に外へ出て排気ガスにまみれながら灼熱の中で作業するなど、全く効果を失わせるだけで意味がありません。そこで化粧水を使用するのであれば、就寝前が効果的です。

シッカリと洗顔した後、化粧水を肌になじませて寝ると、寝ている間に角質のターンオーバーが促進されますので、ニキビ跡もやがて消えてなくなります。つまりニキビ跡予防の化粧水も使うタイミング次第ということになります。

選ぶならこの化粧水がデフォ

男性のニキビ跡に効果の高い化粧水というと、薬局や量販店の男性用化粧品コーナーに行けばいくらでも手に入れる事ができますが、では実際に自分がどの化粧水を使えば効果的にニキビ跡を消す事ができるのかは実際に使ってみないとわからないところがあります。

そこで男性諸君がこれからニキビ跡対策の化粧水を選ぶ上で知っておくべき事をいくつかご紹介したいと思います。まず男性の肌は非常に脂っぽいのが特徴です。従って化粧水を使用する上では、予めしっかりと洗顔しておく必要があります。

そのため化粧水を選びにおいては、洗顔料とセットになった化粧水を選ぶと良いかもしれません。そして毎日の洗顔を終えたタイミングで化粧水を使用して、ニキビ跡の新陳代謝を活性化させます。

こうする事で、思いのほかニキビ跡を早く消し去る事ができます。そして2点目に気を付けたい事が、ニキビのタイプにあった化粧水を使う事です。ニキビはそれぞれタイプによって対処法や使用する化粧水が変わってきます。そのため化粧水も症状に合わないものを使っても意味がないのです。

例えば色素沈着型のニキビ跡にターンオーバーを促すニキビ跡用化粧水を使っても、そもそもニキビ跡の奥底にメラニン色素が沈着しているので、皮膚の新陳代謝を上げたところであまり効果はありません。

まずはメラニン色素を除去することを考える必要があるのです。このようにニキビ跡治療の化粧水選びの基本は、クレンジングフォームと一緒に購入できることと、自身のニキビ跡に合った化粧水を選ぶ事にあります。

洗顔料との併用はより効果が高い

ズバリ言いますと男性の肌の多くは常に脂でギトギトしています。非常に不衛生に見えますが、これにはちゃんとした理由があるのです。男性は古来より家の中で活動するより、外で活動する機会の多い生き物でした。つまり紫外線に当たる頻度が多かったのです。

紫外線が強ければそれだけ皮膚に与えるダメージも大きく、皮膚がんの原因にもなりかねません。そこで男性は自身の肌を守るために、体内で分泌している皮脂を対外に排出する事で肌の潤いをキープし、自身の肌を守るために進化してきたのです。

一方女性は屋内での活動が多かった事から、そこまで過剰に皮脂を出す必要がなかったのです。そのため男性の顔は常にうっすらと皮脂で守られている事から、見た目が常に脂ギッシュに感じるのです。しかしニキビ跡治療においてはこの皮脂は厄介なくせ者になります。

皮脂があると化粧水は皮脂によって阻害され、本来の効果を発揮する事ができません。そこで洗顔料を使用ししっかりと皮脂をクレンジングすることで、化粧水本来の効力を発揮する事ができます。水と脂は混ざり合う事はありません。
しかし石鹸を入れると水と油は互いに混ざり合います。つまりしっかりとお顔をクレンジングして皮脂を取り除くことで、化粧水は自然に浸透していきます。

男性用化粧品の洗顔料とは、女性用のクレンジング剤にはない脂を取り除く成分が多く含まれており、逆に女性用クレンジング剤に多く含まれている保湿成分が少ないのが特徴です。